花暦

  • 胡蝶 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1時間 39分前

    今日は晴天、ほぼ一ヶ月ぶりの外出です。
    紫陽花寺では枯れ紫陽花が残っていたので、久しぶりにお花撮り。
    「春よこい」

  • ephemeral が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 23時間 32分前

    「彷徨う」

    • 絡み合う花茎が今の世の中を象徴しているような・・・あちらを立てればこちらが立たず、こちら立てればあちらが、まして間尺の測れぬ感染症との戦いはまだ先が見えません。 このちょとしたストレスがジワジワと体と心を蝕み、心は落ち着き場所を探して・・・彷徨う。 ちょっと無理があったかな?(笑)

  • 淡海 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1日 2時間前

    Ol.Warkspaceの周辺光量調整を使って見ました。

    • で、感想をお聞きしたいのですが・・・如何です?

      • 淡海 さんが5時間 17分前に返信

        最初の投稿前目線を誘導する何かが足りない?
        モヤモヤしていました。
        以前周辺光量調整をよく使っていたのですが、このところ忘れていました。
        ありがとうございました。

  • 淡海 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 2日 2時間前

    散歩道 緑の蔓が輝いていて思わずシャッターを。

    • 片岡正一郎 さんが1日 10時間前に返信

      パートカラーでしょうか? 光の強弱ではなく「色」で表現する散歩道、何に感動し、何を伝えたいのかがよく分かります。周辺部を暗く落とすことができれば、それがもっと伝わりやすくなると思います。焼き込みと言う手法をご存知なければトイフォトの弱を試してください。多分、もう少し面白くなる・・・かも?(笑)

      • 淡海 さんが1日 2時間前に返信

        アドバイスありがとうございます。さっそく試してみます。

  • oltea が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 2日 2時間前

    新しいシリーズは本当は白黒を考えていましたが、上手に現像できないせいか、ハイライトにアイボリー、シャドーにブルーをのせた方がイメージに合います。
    色は決定し、用紙も和紙とデジタルネガフィルムの二つまで絞り込みました。
    しかし、まだ完成形ではない気がして、色々試しています。多重露光で遊んでみました。

    • 片岡正一郎 さんが1日 10時間前に返信

      >ハイライトにアイボリー、シャドーにブルー・・・細かい調整してますね〜、良いも悪いも今までの銀塩写真じゃ考えられなかったことです。デジタルはなんでも、何度でも思ったことができてしまう、だから無限の可能性に出口が見えなくなることもあります。どこかで、まっ、いいか!、と気を抜くことも忘れずに・・・(笑)
      警戒に雫・・・襖絵か?

      • oltea さんが1日 9時間前に返信

        >襖絵・・・ありがとうございます!屏風しか思いつきませんでしたが、襖絵のイメージです!
        せっかくの画素数、いつかは今までよりも大きくプリントしてみたい、という思いも(笑)
        今は無理せず、楽しく、丁寧な現像とプリントの勉強を少しずつ。

  • ephemeral が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 2日 11時間前

    「and i feel crazy」

    • 片岡正一郎 さんが1日 10時間前に返信

      ひと頃ほど寒さや冷たさを感じなくなり、肌感覚としては春がそこまでやってきているようにも感じます。まるでこの作品のように・・・でも、こう言う季節の境目は体の変調が心にも影響する時期、画面から伝わるザワメキはそんなことの反映なのでしょうか?(笑)

  • 胡蝶 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 3日 21時間前

    氷点下のキャンバスシリーズ
    この所、なかなか凍ってくれません。
    なので、以前の物から抜粋。
    どう見ても古代生物にしか見えません。
    「原始の海」

    • 片岡正一郎 さんが2日 22時間前に返信

      色かな? 所々に見え隠れする虹色の色変に、生物と無機物の間のような存在感・・・あれ、これってVirusのことか? まさか新型ってことは・・・ないですよね?(笑)

      • 胡蝶 さんが1時間 44分前に返信

        構造体の屈折による虹色ですね。
        高校の文化祭で、いつでも見える虹を作ろうと、地学部の顧問とマイクロガラスビーズを敷き詰めた事がありましたっけ。

  • ephemeral が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 4日 1時間前

    「壊れるものはないと」

    • 片岡正一郎 さんが2日 22時間前に返信

      シュウメイギクの綿毛? これはお花の成れの果て、というか進化系なのかな・・・形がなくなったからといって決して壊れたわけじゃなく「次」へのステップの為の変異、とでも言えばいいのか? そう言いながらフッと考えるに、全ての事象は壊れると言いながらも新たなメタモルフォーゼと言い換えても・・・すみません、今晩はちょっと呑み過ぎかも?(苦笑)

  • oltea が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 4日 11時間前

    最近は近所の木ばかり撮影しています。
    個性的なモデルが多いので、楽しいです。

    • 片岡正一郎 さんが4日 4時間前に返信

      今まで割と脇役っぽかった冬枯れの樹ですが、こうしてみるとなかなか主張してますね。個人的には2枚目、この不思議な遠近感がとても好きです。いわゆる「前ボケ」とも違う奥行き感に心乱されます。単にあまり見たことがないだけ、だからと思いたいのですが、今まで感じたことがないざわめき?不安感?・・・心が落ち着きません(笑)

  • ephemeral が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 6日 1時間前

    「心の声」

    • 片岡正一郎 さんが5日 10時間前に返信

      四角で囲まれた写真の中では、そのハイライト部分に視線を集める傾向があります。まず明るい場所を確認し、その後シャドー部を見極めようとする・・・その流れでゆくと、同じハイライトでもそのボリュームから枯れたシュウメイギクより左上隅の印象が強くなることが多いです。それを良しとするか否かは作者の判断次第、さてどうしましょう?(笑)

      • ephemeral さんが5日 2時間前に返信

        よく分かりました!
        ありがとうございます!
        さて、どうしましょ。笑

        • 片岡正一郎 さんが4日 4時間前に返信

          今週の一枚に選ばせていただいた作品「やっとあなたを見つけたわ」と、周辺の具合を比べてください。視線を主題に引き寄せる効果は段違いだと思うのです。

  • もも影 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 6日 12時間前

    綿毛の針坊主

    • 片岡正一郎 さんが6日 4時間前に返信

      これ、かなり好み! 見せるべきところはきっちり合焦させ、それを引き立てるような背景のボケ味、なおかつその姿に想像を掻き立てる微妙な原型をとどめさせる・・・クロスアップの絞り調整、開眼ですね!(笑)

      • もも影 さんが5日 11時間前に返信

        ありがとうございます(*ฅ́˘ฅ̀*)。
        それを意図してできるようになった時がほんとうの開眼…まだまだです。

  • ephemeral が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 6日 12時間前

    「未来を変えてゆく」

    • 片岡正一郎 さんが6日 4時間前に返信

      未来か〜・・・それほどたくさん残っていないとわかってくると、かえってその大切さが身にしみますね。未来は変えられないけど「今」を変えることができるなら、その先もそれに連れ・・・かな?(笑)
      左上角の空間がすごく気になるのは、自分の性格の所為?

  • ephemeral が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 1日前

    「上辺だけの愛ならもういらない」

    • 片岡正一郎 さんが1週間前に返信

      最近、フッと思うことがあります。うわべだけの愛でも欲しいと・・・一人になった自由と裏表の寂しさ、歳をとったのかもしれませんね(笑)

  • 胡蝶 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 1日前

    氷点下のキャンバスシリーズ。
    自然の造形美には本当に驚く、良くこんな物が作れるもんだわ〜。
    「白銀の森」

    • 片岡正一郎 さんが1週間前に返信

      自然の造形は、生半可な人のゲージュツなんか足元にも及びませんね。彫刻や彫塑、ましてや絵画やイラスト、彫金にも当てはまらない・・・人知の及ばない何かによって創り上げられたもの、一瞬「神」という言葉を思い浮かべました(笑)

      • 胡蝶 さんが6日 9時間前に返信

        自然界に「意思」が存在するのかしないのか、私は存在を感じますね。
        それが「神」なのかもしれません。
        そこには45億年の歴史がありますから。

        • 片岡正一郎 さんが6日 4時間前に返信

          人の人知を超えたものにつけるのが「神」や「鬼」だとすれば、それは間違いなく存在する・・・はず?(笑)

    • もも影 さんが6日 12時間前に返信

      胡蝶さんのこのシリーズに魅入られています。
      どれも素敵で面白くて。
      特に8日前の2枚もの、今日も遡って鑑賞させていただきました。ありがとうございます。

      • 胡蝶 さんが6日 9時間前に返信

        もも影さん、ありがとうございます。
        このところ、冷え込まないので窓が凍りません。
        新作ができたら、またアップしますね。

  • もも影 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 1日前

    ススキつながり、先日近場の河原で撮った夕景を。

    • 片岡正一郎 さんが1週間前に返信

      茜色に染まる冬の夕暮れ、遠くの鉄橋を走り去る電車の尾灯が旅愁をそそりますね。あ〜、自由にどこか遠くへ・・・なんて(笑) 横広がりのアスペクト比も空の広がりを強調してナイス! 手前からのライティングは車のヘッドライトでしょうか、良い感じにススキ(荻?)をライトアップしてますね、狙ってました?

      • もも影 さんが6日 12時間前に返信

        車のヘッドライト・・・そう見えていただけたなら嬉しいです(^-^)。
        昨年秋に買っていたストロボを持ち出し、オレンジのフイルムを被せて当ててみました。
        電車は時刻通り、何事もないように行き来して・・・

      • もも影 さんが5日 11時間前に返信

        うふっ੭⁾⁾

  • レイメイ が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 1日前

    宿題と格闘していましたら今時期らしい写真を蔵より発掘、
    折角なのでこちらに投稿、
    課題があるのに気が散るのはいつまでも変わってなく、、、(^^;)

    • 片岡正一郎 さんが1週間 1日前に返信

      >宿題・・・学校を卒業した頃は、この宿題とテストがなくなったと大喜びしたものです。ですが、社会に出てからも形は違えど宿題は相変わらず追いかけてくるし、色々と試されることも多々、違うといえば点数が返ってくる訳じゃなく「稼ぎ」という重い課題がのしかかってくるだけ、学生時代は責任がない分楽だったのかも・・・ところで、格闘している「宿題」って何なのでしょう、気になって・・・(笑)

  • 淡海 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 2日前

    散歩道 ススキの綿毛?

    • 片岡正一郎 さんが1週間 1日前に返信

      アングルやフレーミングがワンパターン化してませんか? ツワブキの時のように光や背景をよく見て選ぶことで、もっと見えてくるものがあると思うのですが・・・。

      • 淡海 さんが1週間 1日前に返信

        今回柵越えで背景を考えると撮影場所が1点しかなく普通に構えたアングルが一番きれいで
        望遠レンズを持っていたらちょっと違ったものが撮れたかなと思っていました。
        また散歩道を変えてよい被写体を見つけてみます。

  • ephemeral が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 2日前

    「ボクラノカタチ」

    • 片岡正一郎 さんが1週間 1日前に返信

      >カタチ・・・タイトルで誘導されるのは画面中央右の白い花弁かな? でも、全体のバランスから見ると少々明るすぎのようにも感じます。ここは背景の光の美しさをもっと強調することでその調整ができると思うのです。具体的にはトーンカーブの左1/8位を持ち上げ中間調から暗部の明るさを調整し、花弁の明るさとのバランスをとる。その後、締まりのなくなった四隅を焼き込みツール(シャドウ)軽く締める・・・あくまで個人的な意見です、仕上がりに責任は持ちませんが(笑)

  • 旅大助 が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 2日前

    大声で叫ぶ葉ボタン
    わぁ~お日様だ!

    • 片岡正一郎 さんが1週間 2日前に返信

      シャドウ露出でハボタンの「声」を表現した?(笑) センター部の暗い部分に露出を合わせ、周辺部をハイキーにすることで、キャプションとの整合性を高める・・・日差しに喜ぶハボタン、本当に声が聞こえてきそうです(笑)

  • oltea が「花暦 グループのロゴ花暦」グループに投稿しました。 1週間 2日前

    ガラス製の屋根に止まったイチョウの葉との出会い。
    光と影、内と外、現実と仮想、その区別に悩むことが多かった2020年を思い出しました。
    「Split reality」

    • 片岡正一郎 さんが1週間 2日前に返信

      出会う人の多くが言います「まさこんな時代になろうとは」・・・でも、もう悩む時は過ぎたのだと思いたい。状況を受け入れて「次」を考える、そんな年になればい良い、と個人的には思っています(笑) 
      ガラスの天井があると思えるのは自分がそう思っているから、周辺部にはそれを妨げる網はありません・・・って、この作品の話です(笑)

  • もっと読み込む