片岡正一郎

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 20時間 44分前

    う〜ん、蝶をこう撮りますか・・・旧世代はブレずぼかさずしっかりと解像感高く、なんて習ったものですから、いまだにその呪縛から逃れられません。デジタルは自由な発想も育ててくれる、そんな時代になったのだと感無量です(笑)
    >栗はまたそのうち・・・できたら渋皮煮が嬉しいのですが(爆)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 20時間 47分前

    ニラの花、こんなに咲かせちゃって大丈夫ですか? まさか出荷用ではないと思うのですが・・・(笑) 食用にするには花芽は摘んだ方がよいと教わりましたが、摘んでも積んでもイタチごっこで間に合いませんでした。まっ、それでも十分食卓には間に合いましたよ。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 20時間 54分前

    稲刈り後の田んぼ、これはこれで良い状況設定だと思います。後はどのくらいの広さで畑を画面内に取り入れるか、でしょうか。お花の大きさを同じに撮るとしたら、望遠では一部限定的な背景、広角ではより広い面積を取り込めます。ズームレンズで試すとわかりやすいかも・・。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2日前

    >栗ひろいに畑・・・畑に植っている栗の木? もしくは栗畑? どちらにしろちょっと萌え〜な設定ですね。
    こちら愛媛にも中山栗というブランド栗がありますが、身近で栗拾いができる環境、とても羨ましいです。その上紅白の彼岸花つき、写真家はこれをパラダイスガーデンと言います(笑)次は栗の方も是非!

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2日前

    >アイボリー・・・その昔、まだデジタルがなかった頃、写真を焼き付ける印画紙という紙がありました。今で言うプリント用紙に相当すると思うのですが、当時、モノクロームの作品の地色は白はが基本、微かな色味をつけるのは至難の業でした。そんな中、イルフォードのクリームという、地色がアイボリーの印画紙が販売され飛びついたのを思い出します。高価ゆえ失敗の許されない緊張感、懐かしい思い出です(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 3日 22時間前

    >ファインダーを覗くと素敵に・・・まさにそこが「写真」の面白さなのかもしれません。マクロ写真のように普段見えないものが撮れるのも同じなのかもしれませんね。特に映り込みなどの虚像は意識してみないと人の視野には入ってこない場合があります。単眼のカメラピント調整ならではの視覚なのかも・・・。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 3日 22時間前

    やはり野に置けレンゲソウ・・・ならぬヒガンバナでしょうか(笑) 本来あるべきところに咲いてこその美しさ、そんなものが作品に加味されるといいですね。でも、アップになっちゃうとどこでも同じに・・・自戒を込めて(爆)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 4日 16時間前

    >ローズガーデン・・・あ〜、地元なのに縁が切れそうです(悲) 隣接する大きな公園も鳥や野草の宝庫でしたが、しばらく足を踏み入れていません。今となっては戻れるのかどうかさえ不明・・・コロ助退散!(爆)
    >ポリジ・・・マクロ撮影の極みですね。目で見えないものを見せてその本質を語る、でかいプリントが似合いそう!

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 4日 21時間前

    「乱れ髪」でしょうか、今になって思うと、女子のこんな気持ちが理解できず、随分ともったいないことをしたものだと・・・(笑) 個人的なイメージで言うと、シロバナは若き青年、アカハナはその青年に想いを寄せつ美女子、かな?

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 4日 21時間前

    お〜、速攻でピン浅の作品アップ、ありがとうございます(笑) どうです?全体の雰囲気をボケで表現し、メインのところはベタピンで・・・しっかりとした描写にはなりませんが、ある種情緒的にはなるとは思います。作品の雰囲気だけで言えば個人的にはこっちですね。

  • 片岡正一郎 が「「片岡正一郎」からのお知らせ グループのロゴ「片岡正一郎」からのお知らせ」グループに投稿しました。 5日 18時間前

    九月第二週はephemeralさんのキツネノカミソリの作品です。猛暑も盛りを過ぎ、暗い林の中に咲く怪しげな花・・・そんなイメージについ引き込まれます。もうすっかり「秋」ですね〜・・・(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    四枚目の葉っぱ、まさか自分で?(爆)

    • はなみね さんが5日 12時間前に返信

      はっはっは、そんなこと出きまへん。わいはこう見えても真面目なお人です。

      • NABE3 さんが2日 23時間前に返信

        あぁ、そのはっぱ。

        実は私が置いたものです。。。

        なんてね。

        もう、半年もご無沙汰です…

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    みなさん堪り兼ねての参内でしょうか。他のSNSで開道さんも行ってらしたようですね、会いませんでしたか?(笑) 今は少し距離のある場所から皆さんの投稿を眺めるばかり・・・あんなに通っていたのが夢のようです。早く自由に動けるようになればいいのに・・・orz

    • はなみね さんが5日 12時間前に返信

      午前中で帰りましたのでお会いできませんでした。会ってたら危ないアブナイ、今は酒量がほとんどゼロなので。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    >隙間・・・ってことは栽培されているわけじゃないのですね。菜園があった時、この時期になるとこの花芽を積むのが日課のようになってました。董立ちすると葉っぱが硬くなり、食用に向かなくなるので必死の形相で・・・どれほど効果があったかはわかりませんが(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    この紫色の実が付き始めると秋も本番だと感じますね。コロ助に一喜一憂、振り回されたこの夏ですが。自然は着々と季節に沿って動いているのです。そんなことを感じながらホッとするひと時の撮影タイム、貴重です(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    >一株だけ・・・雄花が二輪、寂しげに感じるのは私だけでしょうか?(笑) まっ、これから嫌と言うほど雌雄揃って咲くのでしょうが(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    建築物とのコラボは久しぶりですね。やっぱこのシリーズ、好きです(笑) 個人的には三枚目のニューオータニ(?)との絡みが不思議な遠近感でちょっと萌え〜、です。落款の「朱」、全体のトーンが淡いと結構目立ちますね。

    • oltea さんが5日 11時間前に返信

      ニューオータニは曲線がきれいで、植物とのコラボは撮れやすいです。四季で追ってみたいです。

      >落款の「朱」・・・プリントでは和紙にゴム印で押していて、かなりソフトな仕上がりですが、デジタル落款は本当に目立ちます。少し色を落としてみます。ありがとうございます。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    たくさん同じ形の花が咲く時のピント位置、悩ましいですね〜。前作のように一輪に寄ると楽なんですが、それじゃあ花序の形が曖昧になるし・・・主役の娘を決めたら取り巻きはなるべくアウトピンになるような構図が、って、言うは易しですね(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 19時間前

    植物園? まさか栽培してます、なんてことは・・・ないよね(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    >エゴノキの実・・・あ〜、もうこんなになっているんですね。近くの公園でヤマガラがエゴノキの実を食べにくると聞いて通っていたのですが、時すでに遅しだったかも・・・orz

  • さらに読み込む