片岡正一郎

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 8時間 55分前

    >タイトルを先に決めて・・・自分に課題を課せての撮影行、多分いつもと違った視線になれるはずです。見方によって表現の幅も無限大、色々試すのは自分のポケットの数も増やしてくれます。で、今回の満足度は?(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 8時間 59分前

    世の中がコロナで大騒ぎしていようとも、自然はただひたすら我が道を往くばかり・・・なんとなくこの Virus との距離感もつかめてきた感じがしませんか? 公園で花を愛でる・・・三密にもならず自然に寄り添っていられる、恵まれた環境なのかもしれませんね(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 9時間 4分前

    ネムノキですね。ちょうど今頃、初夏のお花です。漢字では合歓木、中国では夫婦円満の象徴だそうです。優しく微笑み合っていればそうなれるのかも・・・私にはもう望むべくもありませんが(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1日 8時間前

    四国乗り鉄撮影会、面白そう! 駅舎に泊まれるといい旅できそうですね(笑)
    ループ線は長秒で出口あたりの流し撮りでどうにか表現できないかな・・・。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2日 6時間前

    四国は鉄道の珍しい機構がかなり残っているようですね。このスイッチバックは知りませんでしたが、予土線のループ線に興味を持って調べたことがあるのですが、全線トンネルの中、どうやって表現しようかと悩んで・・・やめました(汗)
    ローカル鉄道、全線乗り鉄の旅とか面白そうですね。駅前キャンプ場をお願いしたいところです(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2日 11時間前

    ほぼ20年ほどデジタルに染まってますが、まだ底を感じたこともありません。多分底なしです(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2日 11時間前

    >その時・・・意味深でいいタイトルですね。ポトリと落ちる一瞬を虎視眈々と狙う写真家の姿が浮かび上がります(笑) いくらプロキャプチャーモードがあるカメラとは言え、その瞬間まではじっとガマンの子、機能が充実してもなかなか楽はできないものです(爆)

    • 胡蝶 さんが2日 1時間前に返信

      M1-M2は定期メンテナンスにつき、今はM5-M2です。
      プロキャプチャーは無いんですよ。
      M1-M2はシャッター交換して帰ってくる予定です。帰ってきたら鳥屋に戻ります。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 3日 11時間前

    いやいや、なかなかどうしていい感じです。お寺(?)の山門とアジサイ、鉄板の組み合わせに雨脚がいいアクセントを添えています。気になるのは前ボケアジサイのボリューム感かな。もっと寄って色だけにすると・・・まっ、後からななんとでも言えますが(笑)

    • 胡蝶 さんが3日 9時間前に返信

      シャッタースピードを落とすとISOLowでも絞らなくてはならず、ボケが硬くなりますね。ND持って行けば良かった・・・。
      それにシーズン中のためか、3回撮影に行って3回テレビ局の撮影とバッテヒング、撮影中はうまいタイミングで位置取りできず寄れずじまい。
      次は来ないよね、テレビ局・・・。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 3日 11時間前

    事の良し悪しはさておき(笑) こんなことまで出来るのかと驚いています。だいぶんスキルが上がってきたようですね。デジタル地獄の二丁目くらいかな?(爆) 
    お墓が画面に入っている事自体はそんなに不都合ではないと思います。そこに必然性を与えてやれば良いのです。妄想で言ってるようにタイトルと絡めて違和感をなくす・・・「雨音に 無理をするなと 君の声」なんて如何? もちろん余裕があればアングルを変えて外すのもアリ!(笑)

    • もも影 さんが3日 1時間前に返信

      わ〜 。・:*:・゚☆パチパチ👏(^▽^) イメージにぴったりです。
      ありがとうございます。
      ところで”デジタル地獄”とやらは何丁目まであるのでしょう?底無し??(爆)

      • 片岡正一郎 さんが2日 11時間前に返信

        ほぼ20年ほどデジタルに染まってますが、まだ底を感じたこともありません。多分底なしです(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 4日 8時間前

    なるほど、こうきましたか(笑) 雨そのものを撮らず、それによってもたらされる状況から「雨」を想起させる・・・タイトルも一役買って否が応でも今の時期「梅雨」を考えられずにはいられません。理想とすれば背景の墓場は外したいところですが・・・そこまではなかなか、ね?(笑)

    • もも影 さんが3日 22時間前に返信

      墓所、写っていて投稿する時にためらわれたのですが・・・このおばあちゃまにとってはそこにあることがきっと自然で、もしかしてそこに眠っている方が近しいひとだったりすると、語りかけながら通られたりするのかも、、、なんて妄想すると、まぁよいのかな〜って。
      でも、お墓はプライベートなものですし、写っていると快く思われない方がいらっしゃるのも察せられます。
      ということで・・・(上につづく)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 5日 12時間前

    色々なことを試してその末に自分好みを見つける。プリントはそのための大きな力です。 何故? 何回も見直し比べる事が出来るから・・・モニターでみるとみんなよく見え、それが出来難いのです。多分(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 6日 12時間前

    難しい質問です。作品の「色」は作者の主観、自分で決めなければなりません。モニターで見た色はすべての人が違った色味で見ています。基準はプリント、ぜひ一枚!

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 6日 13時間前

    綺麗な個体ですね。もうそろそろ枯れ始めのものも散見しますが、これはシベも綺麗でベストタイミング! でもちょっと色味が濃いような・・・・新しいから?

    • 淡海 さんが6日 12時間前に返信

      普段はあまり使わないのですがNaturalではなくVividを使ってみました。
      少し彩度を下げたほうが良いですか?

      • 片岡正一郎 さんが6日 12時間前に返信

        難しい質問です。作品の「色」は作者の主観、自分で決めなければなりません。モニターで見た色はすべての人が違った色味で見ています。基準はプリント、ぜひ一枚!

      • 淡海 さんが6日 3時間前に返信

        ありがとうございます。プリントして色味の調整をしてみます。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    あは、何事もテストができるのは幸いです。でも、雨のリズムとはちょっと違うような・・・まっ、忍耐力だけは鍛えられそうですね(笑) 跳ね上がった水滴を狙うには高速連射かな、100枚に1枚くらいはまん丸の水滴が撮れることもあります、たまたまですが(爆)

    • 胡蝶 さんが6日 10時間前に返信

      忍耐力、鳥屋には必須ですね~。
      地面の跳ね上がりとか雨だれとか撮りたいんですけどね~、雨が降らん。
      予報では明日の午後雨が降りそうなので、でばってみますか。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    失礼しました、まさかプリントを水につけるなんて・・・デジタルに侵されていたのは私の感性の方だったかも(苦笑) なかなかプリントを水につける決断はできないものです。敬意を評します!

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    無理強いはしません、必要ならば工夫し必要なければ今まで通り、でも、何の問題もあありませんよ。ご自由にどうぞ(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    サルスベリ、ノウゼンカズラ、フヨウ(?)にバラ・・・バラ以外はすっかり夏のお花たちですね。これからは春の清楚で爽やかな感じとは一味違う、ゴージャスで華やかな夏の花たちの独断場、美人が苦手な私には辛い季節です(笑)

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    八重咲きの紫陽花は、最近の園芸種として種類がたくさん増えているようですね。一番最初に良いなと思ったのは「スミダノハナビ」という白い種類でした。紫陽花は交配が楽チンなのかも・・・ダンスパーティーという種類?

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    逆にしてみてはどうでしょう? ピントは人に、紫陽花を前ボケにすると・・・あとは人物のアクション次第!(笑)

    • 胡蝶 さんが1週間前に返信

      このコロナ渦中、モデルになってと声をかけるのもはばかられますね。
      なので、顔が映らないサイドかバックかデフォーカスで撮りますわ。

  • 片岡正一郎 が新しいアクティビティコメントを投稿しました 1週間前

    >見覚え・・・う〜ん、微妙です(笑) 最近は撮影のみならずデジタル技術にも磨きがかかってますね。良いことだと思いますが、なぜトマトが旅に出たのか、出ざるを得なかったのか・・・鑑賞者に伝わると良いですね。

    • kotonoha さんが1週間前に返信

      ひたすらアナログですよ~。プリントを水中に沈め、コップに入れたトマトを浮かべました。上から水をかけながらシャッターを切っています。おうちばっかりで飽き飽きしているので、せめて夢の世界で旅に出ているんです。

      • 片岡正一郎 さんが1週間前に返信

        失礼しました、まさかプリントを水につけるなんて・・・デジタルに侵されていたのは私の感性の方だったかも(苦笑) なかなかプリントを水につける決断はできないものです。敬意を評します!

    • kotonoha さんが6日前に返信

      雑誌のステイホーム特集で見た方法です。記事ではお風呂場でしたが、我が家の浴室の照明は電球色なので、ベランダで。 

  • もっと読み込む